zacca blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu


↑Ubuntuおすすめです。

いつも使ってるノートPCが重い。
mixiで、

・サンシャイン牧場
・みんなの動物広場
・楽しい農夫
・農園パラダイス

の4つを同時にタブで開くと重い重い。
誰もが思う通り、「農園系アプリハマりすぎ」ですね。

んで話は少し前に戻って、Linuxに興味を持った時に、
「Puppy Linux」というのを見つけた事があった。
( 1CD Linuxという位置づけになるらしい。 )

パソコンの起動時にHDDからOSがブートされる前に、CDからブートするって種類のもの。
んでしばらくそのPuppy Linuxと戯れた後、まあしばらくまたWindowsに戻った。

んで、C言語の勉強をして、WindowsでVisual C++をダウンロードして遊んでた。
しかし「OS依存のプログラムは書きたくない」だとか「どうせ作るならクロスプラットフォームなものを」だとかいろいろ贅沢な事を思い始めるんよね(´ω`)
で思い出したのが、大学のプログラミングの授業で、Vine Linuxのgfortranでコンパイルしてプログラムを走らせてた事。

GCCというフリーのコンパイラでFortranもCもC++もJavaも?色々コンパイルできるらしい。
んで、前にも少し気になって調べた事があるUbuntuをパソコンに入れてみた。

Windowsが起動した状態でUbuntuのディスクを入れると、wubiというソフトが立ち上がり、Windowsとの共存環境を構築してくれる。
( wubiは"Windows-Ubuntu Bind"の意味なのかな? )
( Ubuntu Japanese Team から事前にDLしてCDに焼いておく )
今回はこのwubiを使ったが、完全に別のドライブにインストールする事もできるし、Windowsを完全に消去する事もできる。
( 当然中のファイルは全て消去されるが。 )

パソコンに1からOSをインストールすると大変なのが、ドライバのインストール。
ノートPCだとデスクトップPCよりドライバ揃えるの面倒だろうな・・・と思う。
しかし、最近のLinux系ディストリビューションは、殆どのデバイスを自動的に認識してくれる。
Ubuntu初起動で、最初からDHCPを使ってLANに接続していたし、USBマウスもタッチパッドも無線LANも使える。

ちなみにUbuntuのCDも、先述の1CD Linuxと呼ばれる機能を持っており、インストールせずに、そのフィーリングを確認する事ができる。
( パソコン起動時にUbuntuのCDをCDドライブに入れておくだけ。 )
昨日も研究室のパソコンでUbuntuを起動して遊んでみたところだ。

そしてUbuntuの感想。
wubiでWindows VistaパソコンにUbuntuを入れ、自分に使いやすい環境を構築したんだが、非常に良い。
まず起動した時、デスクトップのテーマが良い。
背景の画像を何かに変えようと思ったのだが、標準で入っている背景用画像が非常に良い。
総合的に画面表示の類がWindowsより良い感じがするのは何故だろうか。
X Window Systemのおかげ?GNOMEのおかげ?

まあ3Dの派手なゲームしたいとか思ったらDirectXが使えないから若干不利かもしれんけど、OpenGLはもちろん使えるし、フリーでオープンソースなソフトが色々あるからいいと思う。
ただ、画像処理に関しては、ずっとフォトショユーザーなので、GIMPに手こずったけども・・・。

まあ致命的な問題がない限りUbuntuを使っていってみようかと思います。第三極。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Ubuntuね、Macbookに入れてるけど、入れただけっていう…。OSXとwinXPとUbuntu(ともに仮想)のトリプルスクショを撮ろうと思っただけだったのでした。

のぶちょ | URL | 2009年12月25日(Fri)19:46 [EDIT]


>の部長
仮想ですか!ちゃんとブートしてあげて下さい(´ω`)
かわいい感じに起動して、さくさく動いてくれますよ!

でもUbuntu、Winに対するアドバンテージはあっても、Macとはさほど変わらないかもしれないですね・・・。

トム | URL | 2009年12月25日(Fri)22:14 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。