zacca blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁紙作り

なんとなく自分の写真で作った壁紙が欲しくなってチョチョイと作ってみた。
んーまあそこそこかな…?なんかもっとセンス良い感じの壁紙作りたい。
2chの壁紙スレでピックアップされるようなハイセンス壁紙。
しかしまあ無断で掲載されると考えると嫌だけどw

ちなみに自分のノートPCに合わせて画像は全て1280*800ですw









スポンサーサイト

自分をながら運転

こんな時間までずーっとパソコン。
情報の沼に沈む。

情報の沼といっても、Wikipedia沼でもなく、アフィブログ沼でもない。
ましてや2chでもない。
真面目に情報収集していくと、いくら使いやすいSleipnirとはいえ、タブが多すぎて一時的にハングアップ・・・。

しかし、俺は「○○しながら××」をすると、どちらもそこそこ上手く行く性質のようなので、最近現像したモノクロ写真のネガをずーっとスキャンしながら情報収集。
16bitで1600dpiという中途半端なスケールで取り込み中・・・。



写真は高森の上色見小学校跡のポチ2nd。

調子に乗って更に掲載



河原町での写真の展示と販売。
パネルが余りに余って自分の部屋の壁に掛けきれなくなったので路上販売。
あんまし売れなかったが・・・。

ヘッドフォンRP-HTX7娘。
この写真も次回載せマス。

zebra

PHaT PHOTOの付録のゼブラ、ずいぶん使ってなかったけど久々に撮ってみた!
ほとんど撮ったのは晴れた昼間なんだけど、シャッターの開け閉めでブレる・・・。
地面に置いて開け閉めして割とブレずに撮れたのがコレ。



写ってるのは後輩のNikon FE(´∀` )
昔シャッター音で俺を魅了してFE2を買わせたカメラ!

写真に写ってるこのカメラで後輩が撮る写真がなかなか!
部室に置いてあったアルバムやらベタやらがなかなか!

トムだよRAW現像だよ


レタッチャーの先輩に聞いた話でやっぱりデジカメはRAWで撮ったほうがいいとの事なので
EOS 30DでRAWで撮ってみたよ!

フォトショで現像してみてどんな感じになるかなと色々弄ってみたがなかなかよいね!
情報量が多いし無圧縮だから弄り倒しても色欠けしないし!
写真は異様に流し撮りがうまくいった写真。
フルサイズで見ると地面で跳ねる水滴まで写っておるでよ!
RAW現像するとデジカメ写真もザラザラに仕上げられていいね!!!
微妙に粒子萌え。


CCDにゴミが付いている・・・ううう・・・。
トーンカーブで遊んで半分ネガ写真。

久々に写真うp

(´・ω・`)なかなか撮れないものですね。
ていうか最近出かけてないかんなー。
出かけても撮るのは人ばっかだから載せらんないし。
またマネキンと戯れるか・・・。


基本的には嫌いなボケ写真だったけど
たまに気に入る場合もある。
まあありきたりな構成だけども。夕暮れ時の逆光ビルディング。


屋上で夜写真で遊んだ時のやつ。
人間がかなり薄くなってしまったので、
コントラストを上げたらまわりがギトギトの色になってしまった。

そういえば2月10日は熊本の市街地でニートデモがあるんだった。
写真撮りに行こーっと。
あ、参加はしませんよ。これでも学生ですから。

一緒に撮りに行く人募集。

立体作品を写真の形で発表する事について

授業中にこんな事を書く頭の沸いた大学生w

今道子の作品は、被写体は自ら作り出した立体物であるにもかかわらず、写真という形態で発表されている。なぜ、せっかく作り出した立体物そのものではなく、それを記録した写真を発表するのだろうか。

もちろん、今道子の被写体は魚類を中心とした生物の死体(死体と表現したが、普段我々が食卓で目にしている物が殆どである)である為、立体物として残すのであれば、保存処理を施さなくてはならず、なまもの感を長く維持する事はできない。また、白黒写真で撮影する事により、作品は妙な静寂性を持つことになる。

また、立体物であれば、見る側には自由があり、様々な角度から作品を見る事ができるが、写真には視覚の強制力があり、立体物を撮影したものであれば、その最良の(作者の意図に沿った)角度で作品を見せる事が出来、また細かな演出を撮影の過程で行う事も容易である。

また、写真を用いる事により、その過般性や保存性も高まり、出版などにも向く。

撮影に際しての演出について触れたが、立体作品は、周囲の演出まで完璧に行えば話は違ってくるが、どうしても周囲と作品とに間隙が生じ、作品が独自の空間を発揮できない。見る側があらゆる角度から作品を見れば、その背景として視覚には作品外の光景がそのまま飛び込む訳だし、見る側の他の人間自体も作品の背景となり邪魔をする。

緻密に計算された作品を作成するには、三次元の射影である平面で行うべきと考える。

夜写真紀

夜中まで写真の編集やってたらもう4時・・・。
明日実験のみだからいいけどさー(´・ω・`)
夜更かししすぎた・・・。



写真はシマウーマ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。