zacca blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表参道で、くまモンに会ってきた!!



くまもとサプライズの全権大使、くまモンが東京にやってまいりました。
九州新幹線全線開業にともなって熊本をアピールする役目なので、大阪までの活動が多いみたいなんだけども、やっと東京に来てくれたよ!!

熊大の学園祭で出会って以来、半年ぶりに会ってきました!
2ショット写真も撮ったんだけど、すっごくいい匂いだったよくまモン…。

以下、写真が50枚続きます(笑

つづきを表示

スポンサーサイト

ScalaでZipの再帰的解凍

ScalaはIOまわり弱いらしいと聞いてたけどほんとだな。
全てJavaのクラスじゃないか・・・?
まあScalaだから楽に書ける分にはいいのだが。
InputとOutputを繋ぐpipeを作って、内側でバッファで包んで再帰関数(_pipe)回すのが上手く入ったのは気持よかった。

ソースは追記で。
にしてもScalaのシンタックスハイライト欲しいなぁ・・・。
FC2で簡単に使えるの無いかしら。

Apache + Ruby on Rails

サイト改造中~。

といっても写真方面の改造ではない。
さくらのVPSをレンタルしたので、そこで Ruby on Rails を動かそうっちゅう。

ただいまこれを試している!
Redmine.JP | Apache上でRuby on Railsアプリケーションを動かす/Passenger(mod_rails for Apache)の利用

うまくいくだろうか・・・!

写真データ消失率

HDDがあじゃぱーしました。
なんかF-Spotで?Flickrに?写真をアップロードしようとしたところ?
HDDの写真フォルダがどこかへ飛んでいきました。

データのバックアップはもちろんとってあるんだが、最終バックアップが結構前なのだ・・・。

と思って調べてみたところ、結構最近まで写真あったw

しかし、WindowsVistaで最終手段としてCHKDSKをかけた際に、found.000というフォルダで復元できた物が多数ある。
その復元できた割合が知りたくなったので、調査してみた。
項目はそれぞれ、年月、バックアップの枚数、メインデータの枚数、消失した割合。

Folder Backup
Main
Rate(%)
2007.06 144 134 6.94
2007.07 761 517 32.06
2007.08 844 272 67.77
2007.09 683 272 60.18
2007.10 617 241 60.94
2007.11 2334 2037 12.72
2007.12 771 774 -0.39
2008.01 358 358 0
2008.02 772 484 37.31
2008.03 1477 1481 -0.27
2008.04 1598 1601 -0.19
2008.05 1750 1682 3.89
2008.06 497 242 51.31
2008.07 291 27 90.72
2008.08 359 385 -7.24
2008.09 152 152 0
2008.10 759 681 10.28
2008.11 2467 12 99.51
2008.12 7 7 0
2009.01 3 3 0
2009.02 42 0 100
2009.03 579 359 38
2009.04 907 249 72.55
2009.05 218 235 -7.8
2009.06 250 250 0
2009.07 125 125 0
2009.08 82 82 0
2009.09 430 429 0.23
2009.10 161 161 0


割合がマイナスになってるのはよくわからん。
まあバックアップのほうを弄っちゃったりしたんだろうなぁ・・・。
最近のデータがどの程度消えちゃってるか確認する作業に戻ります。

熊粋で出した作品(未揃)

今年ももう終わりなんですが、今年の11月の熊粋祭で出した写真をまだサイトに載せてなかったので載せます!
携帯の写真で!
携帯のカメラで撮っただけだから画質は申し訳ない感じになったw

「休まらぬ心」

拭えぬ違和感


八方美人に無理がたたる




ほんとは3枚組なのに1枚持って帰るパネルを間違えた!
ので、3枚揃い次第、ちゃんとアップします。

P.S. 作品のモデルに使った物体をさっきブログに上げたんだが、えらい気色悪かったので削除しましたw
気分を害された方がいらっしゃいましたらごめんなさい。
・・・と思ったけど、作品自体がすでに気色悪いかw

うわぁぁああぁぁぁあぁああっぁあ

20091230030613
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

Ubuntu


↑Ubuntuおすすめです。

いつも使ってるノートPCが重い。
mixiで、

・サンシャイン牧場
・みんなの動物広場
・楽しい農夫
・農園パラダイス

の4つを同時にタブで開くと重い重い。
誰もが思う通り、「農園系アプリハマりすぎ」ですね。

んで話は少し前に戻って、Linuxに興味を持った時に、
「Puppy Linux」というのを見つけた事があった。
( 1CD Linuxという位置づけになるらしい。 )

パソコンの起動時にHDDからOSがブートされる前に、CDからブートするって種類のもの。
んでしばらくそのPuppy Linuxと戯れた後、まあしばらくまたWindowsに戻った。

んで、C言語の勉強をして、WindowsでVisual C++をダウンロードして遊んでた。
しかし「OS依存のプログラムは書きたくない」だとか「どうせ作るならクロスプラットフォームなものを」だとかいろいろ贅沢な事を思い始めるんよね(´ω`)
で思い出したのが、大学のプログラミングの授業で、Vine Linuxのgfortranでコンパイルしてプログラムを走らせてた事。

GCCというフリーのコンパイラでFortranもCもC++もJavaも?色々コンパイルできるらしい。
んで、前にも少し気になって調べた事があるUbuntuをパソコンに入れてみた。

Windowsが起動した状態でUbuntuのディスクを入れると、wubiというソフトが立ち上がり、Windowsとの共存環境を構築してくれる。
( wubiは"Windows-Ubuntu Bind"の意味なのかな? )
( Ubuntu Japanese Team から事前にDLしてCDに焼いておく )
今回はこのwubiを使ったが、完全に別のドライブにインストールする事もできるし、Windowsを完全に消去する事もできる。
( 当然中のファイルは全て消去されるが。 )

パソコンに1からOSをインストールすると大変なのが、ドライバのインストール。
ノートPCだとデスクトップPCよりドライバ揃えるの面倒だろうな・・・と思う。
しかし、最近のLinux系ディストリビューションは、殆どのデバイスを自動的に認識してくれる。
Ubuntu初起動で、最初からDHCPを使ってLANに接続していたし、USBマウスもタッチパッドも無線LANも使える。

ちなみにUbuntuのCDも、先述の1CD Linuxと呼ばれる機能を持っており、インストールせずに、そのフィーリングを確認する事ができる。
( パソコン起動時にUbuntuのCDをCDドライブに入れておくだけ。 )
昨日も研究室のパソコンでUbuntuを起動して遊んでみたところだ。

そしてUbuntuの感想。
wubiでWindows VistaパソコンにUbuntuを入れ、自分に使いやすい環境を構築したんだが、非常に良い。
まず起動した時、デスクトップのテーマが良い。
背景の画像を何かに変えようと思ったのだが、標準で入っている背景用画像が非常に良い。
総合的に画面表示の類がWindowsより良い感じがするのは何故だろうか。
X Window Systemのおかげ?GNOMEのおかげ?

まあ3Dの派手なゲームしたいとか思ったらDirectXが使えないから若干不利かもしれんけど、OpenGLはもちろん使えるし、フリーでオープンソースなソフトが色々あるからいいと思う。
ただ、画像処理に関しては、ずっとフォトショユーザーなので、GIMPに手こずったけども・・・。

まあ致命的な問題がない限りUbuntuを使っていってみようかと思います。第三極。

Cに熱中

先週、市立図書館で「しろうとクマくんとC言語の授業」という本を借りた。
それから一週間。本も読破(内容は初歩の初歩)して、ニコ動で同じく勉強。

ポインタの勉強をした後に、構造体を勉強すべき・・・らしい。
が、実際にプログラムを組むという事をしてこなかったので、勉強がてらにゲーム製作(笑

まだ画像の表示すらできない状態なので、全て文字ベースでゲーム製作・・・。

ジャレコのPS専用ゲーム「DRAGON SEEDS」での戦闘システムを参考にしてみた。
相手との距離を適度にとって、ターンごとに移動や攻撃を行う駆け引き戦闘ゲーム。

画像の表示も無いゲームなのに、なんだかんだで作るのが楽しいw
相対距離を縮めるのが前進、伸ばすのが
UNIX時間を種にして乱数を発生させて、10で割った余り(つまり1の位)を生成して・・・
数字がなんとか以上だと攻撃とかいろいろ設定。

なかなかゲームの内部処理を考えるのが楽しくて眠れなくなったりした!!

まあちゃんと勉強するなら構造体も勉強せなんだろうし、CだけじゃなくてC++も勉強する必要があるよなぁ(´ω`)

MicrosoftのVisual C++ 2008 Express Editionでコンパイルいたしました。
作ったゲーム、興味ある人が居るとは思えないけどソースコードをアップします。
コンパイルして遊ぼうっていう希有な人はこちら→Download

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。